あなたも行って、同じようにしなさい

富高尚師 ルカの福音書 10章25~37節

律法の専門家がイエス様を試そうと立ち上がり「何をしたら永遠のいのちを受け継ぐことができますか?」と質問しました。彼にとっては、すべての律法を完全に守っているので、私はすでに永遠のいのちを受けるに値する者だと言わんばかりに、これ以上「何をしたら」とイエス様を試したのです。

イエス様は、律法の専門家に対して、「律法には何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか。」と逆に質問されました。彼は、重要な第一の戒めである、「あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい。」(申命記6:5)また、それと同じように重要な第二の戒めでる、「あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい。」(レビ記19:18)と答えました。イエス様はその答えを聞いて、「あなたの答えは正しい。それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます。」と言われたのです。すでに律法を完全に守っているのに、「それを実行しなさい。」と言われて、納得のいかない律法の専門家は、イエス様に「では、私の隣人とは誰ですか。」と更に質問しました。

そこでイエス様は、「隣人とはだれか」ということを律法の専門家に例え話で話されました。有名な「良きサマリヤ人」のお話です。この例えを聞いた律法の専門家は、自分の考えていた「隣人」とイエス様の言われる「隣人」の考え方が全く違うことに気づかされたことでしょう。そして、真の隣人とは、身分や立場に関係なく、哀れみの心を持って、問題を抱えて悩む人と、自らかかわりを持つことのできる人のことだと教えられたのです。なぜなら、そのことを実行したのが、祭司でもなく、レビ人でもなく、ユダヤ人のもっとも忌み嫌う「サマリヤ人」がそれを実行したからです。

でも、どうして「サマリヤ人」が強盗に襲われた人に対して、傷の手当てを行い、宿屋に連れていき、次の日には、更に費用がかかったなら、帰りに私が払いますとまで言えたのでしょう。それは、傷ついた人を「見てかわいそう」(ルカ10:33)に思った、深い哀れみの心です。この「かわいそう」という言葉は、神様だけが持つ哀れみの心を表現する言葉が使われています。私たちには、このような感情はあっても、それを実行するだけの力はありません。「あなたも行って、同じようにしなさい。」とイエス様は言われましたが、それができるためには、イエス様のところに行き、親しい交わりの中で、その力を得なければ、決して実行できないのです。イエス様のもとに行けば、同じ哀れみの心も、永遠のいのちも与えられるのです。(ヨハネ5:39~40)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。