神の臨在される環境をつくる。

「私たちの格闘は、血肉に対するものではなく主権、力、この暗闇の世界の支配者たち、また、天にいる諸々の悪霊に対するものです。」(エペソ6:12)
 神様が造られた二つの世界があります。私たちが見ているこの五感に感じる世界です。この宇宙にある、世界のすべての物は神様の作品です。しかし、これがすべてではありません。神様は別にもう一つの世界も創造されました。それは目では見ることの出来ない霊の世界です。そこには、聖霊や天使、悪魔や悪霊もいるのです。
それは丁度、私たちの思いではあっても、人の目には見ない物です。教会を建てたいという「思い」は、人の目には見えません。
 けれども、設計図が出来て費用がそろい、建築屋が請け負って工事にかかり、そうして教会が現実の物となってくるのです。
すべてがそうです。神様の働かれる環境が整えば、そこに神様の臨在が現れるでしょう 。また、サタンが働く環境が整えばサタンの働きが現れてくるでしょう。
 聖地旅行をした時の事です。私たちはシナイ山に上りました。出発は真夜中です。あいにくの真っ暗闇でした。凸凹の岩だらけ、石ころだらけの険しい道のうえに、全く見えませんので、手探りで這ってやっとの思いで頂上につきました。一番に登り付いたのは足に障害のある姉妹です。しかも楽に。どうしてかと言いますと、姉妹の前をガイドの人がライトで照らしてくれたからでした。
 私たちの厳しい人生の道を照らすものは聖書です。聖書はこの世の闇を照らす光です。「あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。」(詩編119:105)
 私たちの人生を暗くしているのは見える世界のものではありません。聖書は、(上記エペソ6:12)あなたの敵は家にいる人でも、また職場にいる人でもなく、あの人でもこの人でもなく、見えるところのものではなく、うちに働きかける憎しみの霊であり、どん欲の霊であり、ねたみ、憤りの霊であり、疑りの霊であり、諸々の悪霊であると説いています。してその戦場は、あなたの心の中なのです。悪い思いの心は、悪霊の住みやすい環境を作り出しています。
 ルカ13:8には、「18年間も病の霊に疲れて腰が曲がった女がいた」とあります。18年間もサタンに縛られていたのです。イエス様はこの女のサタンの縄目を解き解放してくださいました。今も、キリストこそが解放者です。イエス・キリストの御名によって悪霊を追い出し、サタンの働きを断ち切りましょう。また、聖霊の火をもって悪しきものを焼きつくしていただき、神の臨在される環境を造りましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。