イースター(マルコ16章)

『青年は言った。「驚いてはいけません。あなたがたは、十字架につけられたナザレ人イエスを探しているのでしょう。あの方はよみがえられました。ここにはおられません。~』」(マルコ16:6)
 今日は「イースター」です。この日は「復活祭」とも言われ、キリスト教界にとって重大な日です。しかし、この記念日は残念ながらクリスマスほど有名ではなく、ほとんど世に知られていません。
 クリスマスは、イエス様がこの地上に来て下さったことを祝う日です。そして「イースター」は、イエス様が私たちの罪の身代わりとなって十字架にかかり死んで下さった、そればかりではなく、聖書に書かれてあるとおり、3日目によみがえって下さったことを記念する日です。「よみがえり」を信じる人は多くはないでしょう。しかし、この「よみがえり」こそが一番大切なことであり、イエス様こそが真の神、救い主であるという証なのです。
 私たちクリスチャンの持つ信仰の前提は、「神にとって不可能なことは一つもない」という聖書の言葉です。
 十字架にかかり、3日目によみがえられたイエス様が、まず最初に現れて下さったのは、育ててくれた母マリヤではなく、可愛がっていた12弟子でもなく、マグダラのマリヤでした。
 この女性はかつて7つの悪霊に憑かれていた人でした。しかしこのマリヤは、イエス様によって救われたその時から、多くの女性と共に自分の財産を捧げ、イエス様に仕えていました。イエス様が十字架にかかられた苦しみの時も、墓に納められる時も、ずっとイエス様の側を離れませんでした。弟子たちが群衆を恐れ隠れていた時も、彼女の態度は変わらず、イエス様に仕える姿勢を貫き通しました。それほど、彼女はイエス様を慕い、愛していたのです。ですから、イエス様は復活した際、最初に彼女に出会って下さったのです。
 このように、イエス様の目に尊いとうつる人は幸いです。マグダラのマリヤは罪深い人間でした。世間かも無視されるような、一見神様とはほど遠いような存在でした。しかし、彼女がイエス様の救いを求め、罪からの解放を求めた時、イエス様はすべての罪から聖め、悪霊から解放し、主に仕える者と変えて下さったのです。彼女の人生は失望から希望へと変わりました。
 神様が私たちに立てて下さっているご計画は、わざわいではなくて平安を与える計画であり、私たちに将来と希望を与えるためのものです。(エレミヤ11:29)もし、私たちがイエス様を慕い求め、心を尽くして愛し続けるなら、イエス様は私たちに応えて下さいます。イエス様は今も生きて働かれる全能なる神様だからです!イエス様は死の力を打ち破り、勝利を取られました。この全知全能なる神様が私たちと共にいて常に最善へと導いて下さることを感謝しましょう!!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。