父よ。彼らをお赦し下さい。(ルカの福音書23章34節)

「そのとき、イエスはこう言われた。『父よ。彼らをお赦し下さい。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。』彼らは、くじを引いて、イエスの着物を分けた。」(ルカの福音書23:34)

イエス様が十字架にかかられた時、イエス様の両側には強盗が同じ刑で苦しんでいました。彼らは自分の罪の為に十字架につけられたのですが、イエス様は、何も悪いことはしていませんでした。
イエス様は、当時の宗教家のねたみ、憎しみにより、十字架にかけられたのです。つまり、「罪」がイエス様を十字架につけたのです。
私たちも時に、「憎しみ」や「ねたみ」を持つことがあります。それがイエス様を十字架につけた「罪」だということを知らなければなりません。
イエス様は、ご自分の着物をくじで分けている兵士たちをご覧になり、「父よ。彼らをお赦し下さい。彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。」と言われました。
イエス様は神様のご計画の中を歩まれました。「罪」の呪いから人々を解放する為に苦しみに遭うことを覚悟の上、地上に降りて来て下さったのです。ですから、ひどい仕打ちを受けようとも、このようなとりなしの祈りを神様に捧げることが出来たのです。
あなたは、イエス様から遠く離れて、イエス様を悲しませていませんか?
私たちは、知らなくてはなりません。たとえ、あなたがイエス様を裏切るようなことをしていても、イエス様は私たちをとりなし、「父よ。彼らをお赦し下さい。」と祈って下さっていることを。
イエス様が私たちの救い主として死なれたことは、歴史上の事実であり、だれも否定することは出来ません。しかし、あなたのあらゆる罪が神様を見えなくしているのです。罪を悔い改め、神様を知るとき、あなたの人生は新しくなります。そして、どのような嵐が来ても、神様によって平安を持つことが出来るのです。
イエス様は、十字架につけられ、死なれましたが、三日目によみがえり、天に昇られ、神様の右の座につかれました。
イエス様は、今も生きておられます。今も生きて働かれる方が、あなたと共にいて下さいます。そして、イエス様を信じる者に、神様の権威を与えて下さるのです。私たちは、神様の権威を用いて、大胆にイエス様の救いを人々に伝え、神様の業を行っていくのです。
今は、恵みの時です。イエス様は天に昇られる際、聖霊様を送って下さいました。聖霊様は助け主なる方であり、私たちを励まし、助け、導いて下さいます。
あなたが神様の御言葉を信じ、一歩踏み出して行く時、そこに聖霊様が働かれて素晴らしい業を見ることが出来るのです。
イエス様は、今も天において私たちの為にとりなして下さっています。イエス様の愛と十字架の素晴らしさを大胆に伝えていきましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。