変わることのない祭司の務め(ヘブル7章24、25節)

「しかし、キリストは永遠に存在されるのであって、変わることのない祭司の務めを持っておられます。したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。」 (ヘブル7:24、25) 
イエス様は十字架を目の前にして、苦しみの中で額に血の汗を流しながら神様に祈り、御言葉の成就を願いました。けれども、イエス様の胸中をよそに、その側で弟子達は眠りこんでしまいました。イエス様はそこにやって来て、「目を覚まして祈っていなさい。心は熱していても肉体は弱いのである」と言われました。
 私たちは肉体を持って神様にお仕えしなくてはなりません。しかし、肉体は弱いので、そのためにしっかりと「目を覚まして」祈っていなければならないのです。
 「祈り」とは、私たちが息をするように、いつでもどんな時でもするべきものです。イエス様は、常に私たちと共にいてご自分の瞳のように愛し守って下さっています。ですから、私たちが祈る時に、どんな時でも救いの御手を伸べて下さるのです。
 私たちは、イエス様の十字架の贖いのよって新しくされ、聖められた者です。過去の全てのことから解放されたので、心からの感謝と賛美を捧げていくことが出来るのです。私たちは、神様の哀れみによって、完全に救われた者です。
「したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。」(ヘブル7:25)
 イエス様の御名によって神様に近づく時、私たちは救われます。
そればかりではなく、イエス様は今も生きておられ、天において私たちのためにとりなし続けて下さっているのです。
 私たちの内に、イエス様は聖霊様を与えて下さいました。この聖霊様を通して内なる力を用いることが出来るのです。
「私たちの大祭司は、私たちの弱さに同情できない方ではありません。罪は犯されませんでしたが、すべての点で、私たちと同じように、試みに会われたのです。ですから、私たちは、あわれみを受け、また恵みをいただいて、おりにかなっった助けを受けるために、大胆に恵みの御座に近づこうではありませんか。」(ヘブル4:15~16)
 私たちは、色々な試練に会う時があります。しかし、イエス様はその時の苦しみをご自分のことのように理解して下さり、おりにかなった助けを与えて下さるのです。ですから、いつも大胆に神様の前に出ていくのです。「もしだれかが罪を犯したなら、私たちには、御父の御前で弁護して下さる方があります。それは、義なるイエス・キリストです。」(第一ヨハネ2:1)(ローマ8:26)
 イエス様は、私たちが罪を犯さないように、とりなして下さるばかりではなく、弁護者でもあるのです。私たちはこの事を忘れてはなりません。あなたは、必ず今の試練に勝利することが出来ます。
 勝利の秘訣は神様の前に出ることです。神様はすべてのことを働かせて、あなたを完全に救うことの出来るお方です。信じ祈りましょう。
 

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。