天の御国(マタイの福音書13章44~46節)

 「天の御国は、畑に隠された宝のようなものです。人はその宝を見つけると、それを隠しておいて、大喜びで帰り、持ち物を全部売り払ってその畑を買います。」(マタイの福音書13:44~46)

 昔のユダヤ地方で、金庫などない時代。いつ攻めてくるか分からない敵から大事なものを守るため、畑に宝を隠す人も少なくはなかったそうです。
 この聖書の「天の御国」のたとえには、「ある人が、その宝を見つけた」と書かれてあります。その人は、自分の持ちものを全部売り払い、大喜びで宝の隠された土地を買ったというのです。彼は、畑も、その中にあった宝も自分のものにしたのです。
 人はだれでも、そのような素晴らしいものに出会ったなら、何を犠牲にしてでもそれを手に入れたいと思うものではないでしょうか。
 私たちも、その宝を見つけました。それは、「イエス・キリスト」です。教会という畑で、聖書の中にある宝を見つけることが出来ました。そして、その宝はだれもが求めているものであることも知ったのです。聖書を読めば読むほど、宝を掘り出すことが出来ます。そして、その為には犠牲をも惜しまないのです。
「神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」(マタイ6:33)
 本物の宝を掘り出したものは、犠牲を犠牲とも思わず、素晴らしい喜びに満たされます。
 もう一つの「天の御国」のたとえには、「良い真珠を捜している商人のようなもの」と書かれてあります。
この人は値打ちのある真珠を捜していました。そして、彼が素晴らしい値打ちの真珠を見つけたとき、彼の持ち物全部を売り払ってそれを買いました。
 彼は良い真珠を捜し求め、あきらめなかったので、素晴らしい真珠を見つけ出すことが出来たのです。
 私たちの求めている良い真珠とは、「イエス・キリスト」です。この方が私たちの人生を素晴らしいものへと変えて下さいます。その人生とは、あらゆる犠牲を払っても惜しいとは思わないほどのものです。
 信仰の世界もそうです。信じ続けた人は良い実を結び、素晴らしい働きをすることが出来るのです。
 誰もが、宝を見つけ、真珠を見出だしたいと願っています。ですから、私たちは、教会にその宝があり、その宝とは「イエス・キリスト」であることを伝えなければなりません。
 イエス・キリストは、私たちを救うために十字架にかかられましたが、三日目によみがえり、今も生きておられます。
イエス様を救い主として受け入れる人は幸いな人です。天にその名が記されている喜びを味わうことが出来るからです。
私たちは、イエス様によって、神の国に希望を持つことが出来、神の国の喜びを得ることが出来るのです。日々感謝し、伝道しましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。