ゴールを知る

「狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入って行く者が多いのです。いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。」
(マタイの福音書7:13,14)
 ここに、2つの門が出てきます。一つは「大きい門」でその道は広いが、その先には滅びがあります。もう一つは「小さい門」で、その道は狭いが、その先には永遠のいのちがあります。聖書は、「狭い門から入りなさい。」と言っています。
 これは、私たちの生き方について語っています。「大きい門、広い道」は、自分の欲望のまま生きる、自分中心の生き方を指します。人は、その方が生きやすいと感じます。しかしその人生は、確実に滅びに向かってるのです。反対に、「小さい門、狭い道」は、自分中心を捨て、神様中心に生きる生き方です。その道は細く、歩きにくいと感じることもありますが、その人生はいのちに至ると聖書は約束して下さっています。
 神様は、この御言葉をもって私たちに正しい人生を歩むようにと導いておられます。
 アダムとエバによって人類に罪が入り、それ以来、人は神様を求めず、善悪を自分で判断するようになりました。自分で正しいと思うことを「善」とする生活が、殺人(創世記4章)を起し、盗み、ねたみを生みだしだのです。結果、滅びの道に向かうようになりました。
 神様は、サタンの支配下にあるこの世を、闇の世界から光りの世界へと導きく為に、イエス様をこの地上に送って下さいました。これがクリスマスです。
 イエス様は、「わたしは門です。だれでも、わたしを通って入るなら救われます。」(ヨハネ10:9)と言われました。
 また、「時が満ち、神の国は近くなった。悔い改めて福音を信じなさい。」(マルコ1:15)とも言われています。
 「小さい門、狭い道」は自分の力では入ることは出来ません。悔い改めてイエス様の救いを信じた時、初めて歩むことが出来るのです。 天国の道を求めるならば、まず自分の罪を悔い改めなければなりません。イエス様は、救いの道をすべて完成させて下さいました。イエス様を信じ、従うなら、いのちの道を歩むことが出来ます。私たちのゴールは天国です。しっかりと信仰をもって歩んでいきましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。