2010年の目標

聖句 「愛によって働く信仰だけが大事なのです。」(ガラテヤ5:6)

 2010年の幕が切って落とされました。「1年の計は元旦にあり」と言います。この年の教会の目標を設定致しました。
 まず第1は、聖霊の満たしを受けることです。
 私たちが、この地にあっては、「神の栄光を現す。」 ために神はお造りになったと言っています。(イザヤ43:7)これが、この世にあって人間に与えられた目的です。そのためには、神の御心を知り、悟らなければなません。(マタイ13:23)そのみことばの悟りを与えて下さるのが聖霊の働きなのです。信仰生活は、理性に訴えて納得させるものではなく理解させるものではありません。神の啓示なのです。(マタイ16:17)そこに導かれるのが聖霊の働きです。(ヨハネ15:26・16:13)聖霊によらなければ「イエスは主」「救い主」と言うことは出来ないのです。(Ⅰコリント12:3)聖霊の助けなくしては、勝利の信仰生活は守れません。
 第2は、仕える教会です。使徒パウロは、「イエスキリストの僕」(ロマ1:1)と言っています。僕とは「奴隷」のことです。奴隷はただ、御主人の言葉に従い主人を喜ばせるのです。そのような忠実な僕を主人は信頼して多くのものを任せるのです。(マタイ25:21)そのために、「ご主人のことば」聖書を読んでみことばをいただき、みことばを行う忠実な僕の教会とさせて頂きましょう。
 第3、に一人が一人を導く。あなたが導こうとしている人のために祈り、また犠牲を持ちましょう。訪問、プレゼント、教会の行事の案内、等を持ってこの年に確実に一人を導こうではありませんか。
 第4に、家庭祈祷会を今年は持ちたいと思っています。一ヶ月に1回、個人的な問題、家族、親戚,友人、病の癒し、等のため祈りましょう。以上4つをこの年の目標としました。「愛によって働く信仰」によって実践して参りましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。