チャンス(ヨハネ5章1~9節)

 エルサレムの羊の門の近くに、「ベテスダ」(主は恵み、の意)と呼ばれる池があり、5つの回廊がついていました。そこには、多くの病人、目の見えない人、足の不自由な人、やせ衰えた人が集まっていました。何故かというと、主の使いが時々この池に降りて来て、水を動かすのですが、水が動かされた後で最初に入った者は、どのような病気であろうが癒されたからです。
 ここに38年もの間、病気にかかっている人がいました。彼は38年間、チャンスを自分の物にすることが出来ず失望の中にいました。
彼の人生は、自分より大病の人を見ては、自分の慰めとし、時には優越感に浸り、また池に飛び込んで癒された人を見ては羨むという大変むなしいものでした。そして、あげくの果てには、自分にチャンスがないのを人のせいにし始めたのです。
 彼は言いました。「私には、水がかき回された時、池の中に私を入れてくれる人がいません。行きかけると、もうほかの人が先に降りて行くのです。」と。
 彼は、「これが自分の人生。仕方のないこと。」と、半分あきらめかけていたのです。
 しかし、彼が池のそばに居続けた(信仰を持ち続けた)ことは幸いです。イエス様が彼に目を留められ、声をかけて下さいました。イエス様は、「よくなりたいか。」と尋ね、「起きて、床を取り上げて歩きなさい。」と癒しの宣言をして下さいました。彼が、イエス様のことばに従った時、彼の病気はすぐに直り、自分の手で床を上げ、自分の足で歩くことが出来たのです。神様の手によって彼の人生が新しく開かれたのです。
 御言葉に従うことは大切なことです。私たちは、自分の頭で状況を判断し、「もうこれ以上無理だ、もう仕方のないことなのだ」とあきらめてしまうことが多々あります。しかし、イエス様の声に従う時、神様が最善へと導き、新しい領域へ入れて下さるのです。
38年間、彼は人を頼り、人に期待していました。それはいつもむなしい結果に終わりました。しかし、彼が、わずかではありましたが、信仰を持ち続け、イエス様の声に従った時、彼はチャンスを自分の物にすることが出来たのです。人ではない、イエス様に期待しましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。