クリスチャンのセルフイメージ

 セルフイメージとは、「自分自身が自分をどの様に評価しているか」ということです。どの様なセルフイメージを抱いているかと言うことは大変重要な事です。なぜならば、人は自分が持っているセルフイメージ以上のことは出来ない(しょうとしない)からです。ですからその人のセルフイメージが能力の限界となるのです。
 私たちは、自分の知識や経験から自己評価をして「自分はこのような者だ。」とか、あるいは人の評価によって「私は、このような者です。」とセルフイメージを抱いているのではないでしょうか。あるいは、また、自己啓発によって潜在能力を引き出してセルフイメージを高める方法があるでしょう。しかし、クリスチャンとしてはそれは、正しい方法ではありません。
 それでは、どの様にしてセルフイメージを高めていけばいのでしょうか。
1,みことばによる。
【主】はアブラムに現れ、こう仰せられた。「わたしは全能の神である。あなたはわたしの前を歩み、全き者であれ。」(創 17:1 )
 みことばに,全き信頼を持ちましょう。
2,信仰による。
「まことに、あなたがたに告げます。わたしを信じる者は、わたしの行うわざを行い、またそれよりもさらに大きなわざを行います。わたしが父のもとに行くからです。」(ヨハ 14:12 )
主が命じられることは、「出来る」と告白しましょう。私を強くして下さる方によって(ピリピ4:13)
3,聖霊の満たしによって。
「わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。 その方は、真理の御霊です。(ヨハネ 14:17)これらの信仰の姿勢が、私たちのセルフイメージを創り、神の栄光が現れるのです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。