(マタイ14章22~33節)

「イエス様」が「全能の神」であることは、啓示によらなければ分からないことです。聖霊様が私たちの心に働いたときに、真理を知り、信仰が与えられ、それによって神様に近づくことが出来ます。
 イエス様は、5つのパンと2ひきの魚の奇跡をなさった後、弟子達を強いて舟に乗り込ませ、ご自分より先に向こう岸へ行かせました。
イエス様のなさった奇跡があまりにも素晴らしかったので、弟子達を群衆の人間的な期待(この国を再建してくれるのではないかという間違った期待)や先入観から守る必要がありました。そして祈るためにひとりで山に戻られたのです。
 弟子達の乗った舟は、向かい風により波に悩まされていました。すると、夜中の三時頃、イエス様が湖の上を歩いて彼らのところに来られたのです。はじめ、弟子達はイエス様だと気づかずに、「あれは幽霊だ!」と言っておびえてしまい、おそろしさのあまり、叫び声をあげました。イエス様はすぐに彼らに話しかけ、「しっかりしなさい。わたしだ。恐れることはない。」と言われました。
 この時の、嵐の中で思うように進まない舟は、私たちの人生に例えることが出来ます。多くの人が、どうすることも出来ない問題の中で、悩み苦しんでいます。しかし、その時に、イエス様がそこにおられ、「恐れるな。」と語って下さっていることに気づく人は幸いです。
ペテロは、イエス様だと分かった時、「もし、あなたでしたら、私に水の上を歩いてここまで来い、とお命じになって下さい。」と言いました。これは、「イエス様のもとに行きたい、共にいたい」というペテロの飢え乾きの表れでした。イエス様が「来なさい」と言われれたので、ペテロは水の上を歩き始めました。しかし、風を見た彼は、恐れて沈みそうになり、イエス様に助けを求めました。そこで、イエス様は「何故疑うのか。」と、すぐに彼の手をつかみ舟に乗りうつりました。すると、風がやんだので、舟の中のものはイエス様を礼拝し、「確かにあなたは神の子です。」と言いました。
 イエス様だけを見上げ、そのお言葉に従うとき、どのような状況の中であっても信仰を持って進むことが出来ます。しかし、風(現実)を見ると人は恐れてしまい、失望の波にのまれてしまうのです。
 イエス様は「何故疑うのか。」と言われました。
現実の壁にぶつかった時、私たちは「助けて下さい!」と叫び求める必要があります。そうすれば、イエスは力強い御手で、その失望の波から引き上げて下さるのです。そして、風がやんだように、すべての解決を与えて下さいます。 イエス様は全能の神です。今、聖霊様の働きの中で、それを体験することが出来ることを感謝しましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。