特権を行使する

「~『人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに知らせるために。』こう言ってから、中風の人に、『あなたに言う。起きなさい。寝床をたたんで家に帰りなさい。』と言われた。すると、彼は起きあがり、すぐに床を取り上げて、みなの見ている前を出て行った。」(マルコ2:1~12)
 イエス様がカペナウムに来られたことが皆に知れ渡ると、多くの人が集まって来、その家の戸口は隙間がないほどになりました。それは、イエス様が力ある業(悪霊の追い出し、様々な病の癒し等々)を行っておられたことが噂となって皆がその奇跡にあやかりたいと思っていたからです。
 その時、ひとりの中風の人が4人の人にかつがれて、みもとに連れて来られました。しかし、群衆のために近づくことが出来なかったので、彼らは屋根にのぼり、イエス様がおられるあたりの屋根をはがし穴をあけて、中風の人を寝かせたまま床をつりおろしました。
 何故ここまでして、イエス様のもとに中風の人を連れて行こうと考えたのでしょうか。それは、彼ら4人に「イエス様以外には救いはない。イエス様だったら癒して下さる」という信仰があったからです。 例え、群衆(この世の問題)が目の前に立ちはだかっていたとしても、プラス思考(神様に対する信仰)を持っている人は、「なんとか出来るのではないか」と出来る方法を考えます。そう信じてやっていくと、その信仰の通り道が開かれるのです。
 この4人も「この人が癒される方法はイエス様だけだ。」という信仰があり、前進したので、イエス様のもとに行く方法を見つけ出し、そこにたどり着くことが出来たのです。
 つり降ろされた男は、イエス様から「子よ。あなたの罪は赦された。」ということばをいただきました。そして、中風が完全に癒された時、それらすべてを見ていた人たちは「こういうことは、かつて見たことがない。」と神様をあがめました。
 イエス様の語られることばは、権威あることば、つまり、しるしの伴うことばでした。イエス様は福音を語り、それと同時に様々な病気、また悪霊に対して御名の権威を使い、命じられました。そのような権威あるイエス様のもとに人々がぞくぞくと集まって来たのです。
 私たちは、イエス様のことを知っていると同時にイエス様がなされた業を行うことが出来る「権威」が与えられているということを知らなければなりません。今は、聖霊様が働かれる時代です。私たちが信仰に堅くたち、「イエス様には癒せる!」と信じて前進し、御名の権威を行使するなら、病は癒され、悪霊は出て行くのです。
「信じる人々には、次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また病人に手を置けば病人は癒されます。」(マルコ16:17~18)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。