バプテスマ

「~また、天からこう告げる声が聞こえた。『これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。』」(マタイ3:13~17)

この記事には、イエス様がバプテスマのヨハネから洗礼をお受けになられたことが書かれています。
バプテスマのヨハネは、イエス様が来られる前にその道ぞなえをするために遣わされた預言者です。(ヨハネ3:1~12)
彼は「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」と言って人々を悔い改めに導き、救い主を待ち望むように言いました。
 ユダヤ人は律法に生きる民でした。しかし、彼らは律法を守ることによっては「罪」に対する解決を見いだすことが出来ませんでした。 ヨハネは、罪からの解放されるためには、イエス・キリストを信じるしかないということを教えました。多くの人が、彼の前に悔い改め、そして洗礼を授かりました。ヨハネは、「私は、あなたがたが悔い改めるために、水のバプテスマを授けていますが、私のあとから来られる方は、私よりもさらに力ある方です。私はその方のはきものを脱がせてあげる値打ちもありません。その方は、あなたがたに聖霊と日とのバプテスマをお授けになります。」とイエス様を紹介していました。
 イエス様は、罪を焼き尽くしてしまう方。そして、聖霊と火とをもってバプテスマを授けて下さる方です。
 イエス様は、ヨハネからバプテスマを受けるために彼のところに来ました。ヨハネは最初拒みましたが、イエス様は「すべての正しいことを実行するのはわたしたちにふさわしいのです。」と言って彼から洗礼を授かりました。すると、天が開け、神様の祝福のことばがあり、また聖霊が鳩のように下りました。
 イエス様は、まず私達にご自分が洗礼を受けることによってお手本を示されました。
 洗礼には、神様の前に正しい行いであること、また洗礼により新しい霊的な世界に入ること、また神様の「わたしはあなたを愛する」という声を聞くことが出来るようになるということ、また良心の神への誓いであるということ、「そのことは、今あなたがたを救うバプテスマをあらかじめ示した型なのです。バプテスマは肉体の汚れを取り除くものではなく、正しい良心の神への誓いであり、イエス・キリストの復活によるものです。」(ペテロⅠ3:21)また、心の割礼を受けることであること、古いものが葬られ、キリストとともに新しく帰られることであること。「キリストにあってあなたがたは人の手によらない割礼を受けました。肉のからだを脱ぎ捨て、キリストの割礼を受けたのです。あなたがたは、バプテスマによってキリストとともに葬られ、またキリストを死者の中からよみがえらせた神の力を信じる信仰によって、キリストとともによみがえらされたのです。」(コロサイ2:11、12)
 バプテスマは、私たちが新しくされたことの証です。神の子どもとされた私たちは、すべての罪を捨て去り、生まれたばかりの乳飲み子のように、純粋な御言葉の乳をしたい求め、成長し続けるのです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。