立ち上がれ

「その方は私に仰せられた。『人の子よ。立ち上がれ。わたしがあなたに語るから。』」(エゼキエル2:1)

 エゼキエルという青年に神様が語られたことばです。彼は幻を見、その中で神様との交わりの時を持ちました。神様がエゼキエルに語り終わると、すぐに霊が彼のうちにはいり、彼を立ち上がらせました。 神様のことばには命があり力があります。神様が語られ、私達がそのことばを受け入れる時、神様が私達の内に現れて下さり、立ち上がらせて下さるのです。
 イエス様は、「わたしは命のパンである。」と言われました。私達はこの命「御言葉」を持って生き、その御言葉を食べる時、立ち上がることが出来ます。
 この世の宗教、また倫理や哲学は、「~のようにしなさい。」と知恵は与えてくれます。しかし、立ち上がる力までは与えてくれません。世の語るものは、ただの教えでしかないからです。
 信仰を持って従う時、爆発的な力が働き、私達自身が変わり、立ち上がることが出来るのです。
 12弟子の一人であるペテロは漁師でした。彼は海に出て漁をし、帰ってくるという平凡な毎日を送っていました。イエス様の弟子に選ばれたのは、彼に特別な才能があったわけではありませんでした。
 ある時、イエス様はペテロに声をかけられました。彼の名前は初めシモン「葦という意味→いつも心が揺れ動くことを現す」と呼ばれていました。彼は、無学な者でした。しかし、彼がイエス様の「わたしについて来なさい。」という言葉に従い、イエス様と共に生活する中で、彼はペテロ「岩という意味→揺り動かされることがないことを現す」と呼ばれるようになりました。
 彼は、イエス様の十字架と復活を見、聖霊を受けた時に、真の意味で揺り動かされることのない岩となり、大胆に福音を宣べ伝える本物の弟子となりました。そして、かつてイエス様が「あなたを人間を獲る漁師としてあげよう。」と言われたように、彼が聖霊に満たされてした最初の説教で、三千人の人々が救われたのです。その後も続々と人々は救われました。神様がペテロと共にいて下さったからです。  私達が、信仰を持ってイエス様の御言葉に従う時に「神様が共におられる」「聖霊様が働かれる」という体験をすることが出来るのです。
 また、私達が弱さを覚えた時、神様がその弱さの中に完全に働いて下さり、益々神様の素晴らしさを知ることが出来ます。
どうしても自分では解決出来ない問題が、この人生には起こって来ます。しかし、その重荷を神様に委ねる時、神様が働いて下さるのです。 神様はエゼキエルに「立ち上がれ。」と言われました。それは「神であるわたしを信じなさい。」ということです。信じる時、神の霊がその人の内に入り、神様の力によって強められるのです。
 神様の力によって立ち上がる時、問題が問題ではなくなります。重荷が重荷ではなくなります。神様の霊に満たされて、私達は大胆に前進するものへと変えられるのです。神様のことばは真実です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。