「死」について

「~そればかりではなく、私たちとおまえたちの間には、大きな淵があります。ここから、そちらへ渡ろうとしても、渡れないし、そこからこちらへ越えて来ることも出来ないのです。」(ルカ16:19~31)
 人には「死ぬ」ことが必ず定まっていて、誰一人例外はありません。「そして人間には、一度死ぬことと、死後にさばきをうけることが定まっているように。」(ヘブル9:27)
 ですから、人は「死」を恐れ、なるだけそれを避けたいと願っています。病気にならずに、健康で長生きしたいと思うのです。
 人は死後の世界がどのようなものなのか知りません。しかし、イエス様は永遠の世界からこの地上に来られた方です。天地創造の時からおられる方ですから、当然死後の世界もご存じです。ですから、イエス様のことばに耳を傾けることはとても大切なことです。イエス様は、金持ちとラザロの話を通して死後の世界について話されました。
 ここに、二人の人が登場します。一人は毎日贅沢三昧をして暮らしている金持ち。もう一人はラザロという全身おできで覆われた乞食です。ラザロは、金持ちの家の門に座り、おこぼれにあずかりながら生きようとしていました。ある時、この二人は死にました。ラザロは孤独のなかで召されましたが、御使いによってアブラハムの懐に連れて行かれました。つまり天国です。
 しかし、金持ちはというとどうでしょう。彼は沢山の人に囲まれ、その生涯を閉じました。しかし、彼の行き先は地獄でした。
生きていた頃とは間逆の世界が彼らを待っていたのです。
金持ちが炎の池で苦しみながら、上を見上げるとラザロはアブラハムの懐で安らかにしています。
 何故このような結果になったのでしょう。
それは、生きていたころに原因がありました。ラザロの生活は惨めな者でしたが、貧しくても、その中で彼は神様を求め、神様からの慰めを信じていました。彼の名前は「主が慰め」という意味です。 
ところが、この金持ちは贅沢に遊び暮らし、この世のものに執着し、神様の存在を受け入れませんでした。
 金持ちは、「ラザロが指先を水で浸してわたしの舌を冷やすように」とアブラハムにお願いしました。「ラザロの指」。それは生前、全身できもので、残飯をあさっていたであろう不潔なものでした。しかし、それでもいいから、その指で水を浸して欲しいと思った金持ちの苦しさは相当なものであったにちがいありません。アブラハムは、「淵があるので行き来は出来ないのだ」と言い、その願いは聞きいれられませでした。金持ちは、「兄弟たちがこのようなところに来ないようにラザロを遣わして下さい」と頼みました。しかし、アブラハムは「彼らにはモーセ(聖書)と預言者(牧師)を与えている。彼らを信じない者は、だれを遣わしても信じない。」と答えました。
 救い主イエス様のことをある人は信じ、ある人は信じません。でも、これが死後の世界に大きく関わることを知らなければなりません。
 私たちは、聖書を用い、イエス様の十字架が人々を天国へと導く力であり、道であることを人々に伝え、「死」を恐れない者として証しましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。