クリスマス(マタイ2章1~12節)

 当時、ヘロデ王という王様がエルサレムを治めていました。しかし、彼はイシュマエル(アブラハムと女奴隷の子)の子孫(エドム人)で、正統なヤコブ(イスラエル)の子孫ではありませんでした。ですから、いつも彼の中には負い目がありました。
 そこに、東方の博士達が来て、こう言いました。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか。私たちは東の方でその方の星を見たので拝みにまいりました。」
 それを聞いたヘロデ王は、恐れ惑いました。何故なら、正統な血を受け継ぐ者に自分の地位が奪われると思ったからです。彼はあわてて策を練りました。まず、学者達に聖書を調べさせ、イエス様の生まれた場所がユダヤのベツレヘムだということを突き止めました。そして、博士達を利用して、その救い主を殺そうと企んだのです。しかし、神様の守りがあり、ヘロデ王の企みは失敗に終わりました。
 一方、東方の博士達は、異邦人(アラビヤ半島)だったにも関わらず、星の出現によってユダヤ人の待ち望んでいるメシヤを礼拝したいと考え、はるばる東の国からやってきました。彼らは、聖書を通して真理を受け入れていました。彼らはその信仰の通り、メシヤをその目で見、黄金(王の象徴)、乳香(祭司)、没薬(御子)を捧げ、礼拝しました。
 人には3タイプあります。
①祭司長学者達タイプ(4節) →
聖書に精通し、知識はあるが、メシアに会いに行こうとしない人。知っているのに、信じない人。

②ヘロデ王 → 
自分の名誉や地位を第一に考え、そのために真理を受け入れない。自分の都合の良いように状況を変えようとする人(肉の人)。目に見えることしか信じない人。

③東の国の博士達 → 
神様の臨在の中にいる人(星が先導)。真理(イエス様の救い)を受け入れ、最高の物をささげ、真の礼拝を捧げる人。

 私たちは、聖書に書かれてある、王の王である救い主イエス・キリストを信じなければなりません。クリスマスは、イエス様こそが、人々を救いへと導くまことの神様であることの証です。博士達のように、しっかりと神様の臨在の中で過ごし、真理を知る者になりましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。