水の上を歩く

「イエスは『来なさい。』と言われた。そこで、ペテロは舟から出て、水の上を歩いてイエスのほうに行った。ところが風を見て、こわくなり、沈みかけたので叫び出し、『主よ。助けて下さい。』と言った。そこで、イエスはすぐに手を伸ばして、彼をつかんで言われた。『信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか。』そして、ふたりが舟に乗り移ると、風がやんだ。」(マタイ14:22~33)

 多くの人が「人が海の上をあるくなんて信じられない!」と言うでしょう。しかし、私たちは「神にとって不可能なことは一つもない」という聖書の御言葉を信じる者ですから、この出来事も事実として受け入れることが出来るのです。また、この事を信じるのには、聖霊の働きが不可欠であることも知っておくべきです。
 ペテロは、水の上を歩くイエス様に、「もし、あなたでしたら、水の上を歩いてここまで来い、と私に命じて下さい。」と言いました。イエス様がお命じになったので、一歩、水の上に足をのばしました。するとどうでしょう、ペテロも水の上をあるくことが出来たのです。しかし、彼は風をみて怖くなり沈みかけてしまいました。
 彼は信仰をもって一歩踏み出しました。そのまま順調に行くと思われましたが、彼は風を恐れたのです。この風は「サタン」のことです。私たちは、イエス様の言葉を聞き、イエス様をまっすぐ見ている時は、信仰が与えられ踏み出すことが出来ます。しかし、サタンの誘惑、攻撃に合う時、イエス様から目を離してしまい、目の前の状況に目を留めてしまいます。すると、恐れや不安が生じ、信仰がぐらつくのです。 ペテロは沈みかけたので、「主よ!助けて下さい!」とイエス様に助けを求めました。すると、すぐにイエス様は手を伸ばし、ペテロを引き上げて下さいました。イエス様は彼に言われました。「信仰の薄い人だな。何故疑うのか。」と。
 信仰とは、イエス様のお言葉を信じ、徹底して従うということです。
 アブラハムは自分の状況に左右されずに、ただ神様のお言葉に従順に従いました。神様は、そのような彼の信仰の姿勢を喜ばれ、多くの祝福を与えて下さいました。
 ある時、イエス様は弟子達に「深みにこぎ出し網をおろしなさい。」と言いました。しかし、そこは一晩中漁をしても捕れなかったところです。弟子達は戸惑いながらも、イエス様の命じられた通りに行いました。すると、溢れて舟が沈みそうになるくらいの魚を捕ることができたのです。
 イエス様は、時々私たちの信仰を試される時があります。
私たちはイエス様の言葉をしっかりと握り、イエス様から目を離すことなく、イエス様が共にいて下さることを信じてしっかりとした足取りで水の上を歩いて行きたいのです。イエス様は、いつも霊的な目で私たちを見守り、必要な時手を伸ばして助けて下さる方です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。