Zawamekiの賛美チームを迎えてのPraise Night Max!

4時間という集会に初めて参加しました。2部の構成で途中休憩はありましたが、全部で歌われた曲は39曲でした。
私の日記にも書きましたが、H兄の証もすごく良かったです。2度目の話ですが、また感動しました。
もちろん、Zawamekiの賛美も滝元先生のお話もすごく良かったです。

賛美を通して、先生が体験されたお証で、ちょうどH兄がホームレスの証をされた後に、滝元先生が体験された、ホームレスの方との出会いのお証が特に印象に残りました。
名古屋でのストリート伝道で、ちょうど一日の気温が氷点下の真冬日の日だったそうです。サラリーマンも学生も誰一人立ち止まって賛美を聞いてくれ人がいなかったそうです。ただひとり、近くのベンチでダンボールをかぶって横になっている方がいるだけのストリート伝道だったそうです。もちろん、その人が聞いているはずもなく、滝元先生はてっきり眠っているものだと思っていたそうです。奥様も賛美をしながら、終わったら何か暖かいものでも買ってあげなくては、凍死でもするのではないかと心配していたそうです。
それでも、この町のためにと、何曲か歌い続けておられたそうです。

その時、先生たちの前にそのホームレスだと思われる方が来て、ポケットからおそらく全財産でしょう、小銭を差し出して、「何か暖かいものでも買いなさい。」と差し出してくれたそうです。

賛美には何かわからないけど、人を動かす力があります。
賛美には何かわからないけど、人を感動させる力があります。
賛美には何かわからないけど、人を変える力があります。

賛美の中に、確かに主はおられます。

神様を信じて、神様に期待して賛美を捧げている方にはもちろん、
神様を知らない、神様に特別な期待を持っていない人にも、
賛美の中に主は確かにおられ、ご自身を現してくださいます。

もっともっと、賛美の中におられる主と親しく交わっていきたいと思わされました。