聖霊に導かれる働き

「~ふたりは『主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。』と言った。そして彼とその家の者全部に主のことばを語った。~」(使徒16:16~34)

 占いの霊につかれた女奴隷が、パウロとシラスに対し「この人たちはいと高き神のしもべたちで、救いの道をあなたがたに宣べ伝えている人たちです。」と叫び続けました。それが幾日も続くので、困り果てたパウロはイエス・キリストの御名によって、彼女から悪霊を追い出しました。そのようなわけで、彼女はその時から占いをすることが出来なくなり、それまで彼女を使って金儲けしていた主人がそのことに腹を立てて役人に訴えたので、パウロとシラスは鞭打たれ、牢に入れられ、足かせを掛けられました。絶対絶命の中でしたが、彼らは夜中になると、神様に祈りつつ賛美を捧げました。彼らの歩みはいつも聖霊様に導かれたものでした。彼らは鞭打たれ、激しい痛みの中にありましたが、神様の御手の中で平安が与えられ、賛美を捧げていたのです。すると、大地震が起こり獄舎の土台が揺れ動きたちまち扉が全部あいて、みなの鎖が解けてしまったのです。看守はそれを見て、囚人達が逃げてしまったと思い込み、責任をとって自殺を図ろうとしました。その時、パウロは「自害してはいけない!わたし達はみなここにいる!」と言いました。看守は彼らの前に震えながらひれ伏しました。そこに豊かな聖霊様のご臨在があったからです。彼は「救われるためには何をしなければなりませんか。」と尋ねました。するとパウロは「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」と言いました。それを聞いて彼はすぐに二人を引き取り、傷の手当をし、主のことばを聞いてバプテスマを受けました。そればかりではなく、彼の家族みながイエス様を救い主として受け入れ喜んだのです。
 イエス様の救いは「信じる」時に実現します。
看守は、信じてバプテスマを受けました。それは「私はイエス様を救い主と受け入れました。」という、神様と人との前での証でした。
 神様を信じることは、私達にとって大きな喜び、与えられた祝福です。私達は、その喜びを多くの人に味わってもらいたいと願います。
 パウロとシラスは、神様に選ばれ、聖霊に導かれた人たちでした。(使徒16:6,7)私達も神様に選ばれた者です。私達が聖霊に満たされ、聖霊に導かれて歩む時、パウロとシラスが獄中の中ででも賛美することが出来たのように、どのような時も神様の力を帯びて賛美しつつ前進することが出来ます。そして、益々信仰が与えられ、神様からの知恵に満ち、多くの魂を神様へと導くことが出来るのです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。