神の権威

 人生において、「生きる意味を知ること」また「人生に目的を持つこと」は、とても大切なことです。残念なことに、今の時代は、この生きる意味を見い出せず、また自分の価値が分からずに、自ら命を絶つ人が年々増えていっている事実があります。
 私たちは聖書から、正しい理解をもつ必要があります。人が造られた意味は何なのか、また生きる目的は何なのか。
 創世記2:7,8には「その後、神である主は土地のちりで人を形造り、その鼻にいのちの息を吹き込まれた。そこで、人は生きものとなった。神である主は、東の方エデンに園を設け、そこに主の形造った人を置かれた。」と書かれてあります。
 神様は、ことばをもってこの世界(天地、海、山、動物、植物など)を造られました。しかし、人間を造る方法は、それらとは異なっていたのです。神様は、人間を土地のちりで形造り、その鼻にいのちの息(神の霊)を吹き込まれました。そこで、人間は永遠に生きるものとなり、すべてのものを管理し、支配する権威が与えられました。彼には、神様によって「治める」力、神の霊が与えられていたので、恐れることなく、その権威を用いて動物たちを支配しました。彼らは裸でしたが、それを恥ずかしいと思わず、ありのままで生活していました。
 神様は、「エデンの園にあるどの木からも取って食べても良い。しかし、園の中央にある善悪を知る木の実だけは食べてはならない。」と言われました。彼らは、神様のことばを忠実に守っていましたが、そこにサタンがやって来たのです。サタンは、神様のことばに対して彼らが疑いをもつように導き、神様のことばに背くようにしかけました。アダムとエバが、「取って食べてはならない」ことばに背いた時、彼らの霊が死に、それと同時に恥じと恐れが入ってきました。もはや、ありのままの姿でいることが出来ず、急いでいちじくの葉で恥部を覆いました。そればかりではなく、神様が来られるのが分かると、彼らの内に恐れが生じ、神様から隠れてしまいました。
 彼らは、かつて「神様の権威」をもって動物たちを従え、神様との交わりを楽しみにしていました。しかし、神様に背き、その権威を失ったとき、彼らは恐ろしくなり、震えたのです。
 神様の「取って食べるとき、あなたは必ず死ぬ。」と言われた「死」は「霊の死」を意味していました。彼らは霊的祝福、また地の祝福を失ってしまいました。地はのろわれたものとなったのです。
 しかし、このような断絶状態を救って下さったのが、イエス様の十字架です。イエス様は罪から救うだけではなく、万物との和解もさせて下さったのです。「地にあるものも天にあるものも、ただ御子によって和解させて下さったのです。」(コロサイ1:20)
 私たちが、神様の存在を信じ、イエス様の十字架を受け入れ、神様の御心を歩むなら、祝福の道が約束され、再び神の権威によって奮い立つことが出来ます。私たちは、神様によって創造され、神様の栄光の為に造られたものです。一度その霊を失いましたが、イエス様によってまた取り戻すことが出来ました。私たちの生きる意味、目的はここにあるのです。神様は私たちの人生を祝福して下さる方です。私たちは、かつて与られていた神の権威を再び持つことが出来るのです!

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。