正しい選択(マルコ12:41~44)

 イエス様は、弟子達と共にエルサレムに入城され、神殿に入られました。しかし、そこで見た光景はイエス様の怒りに触れるものでした。
 神様を礼拝する神聖な場所「祈りの家」で商売がなされていたこと、また彼らの礼拝をする姿そのものが見せかけばかりのもので、自分の徳のため、すべて人に見せるためにしていることが怒りの原因でした。イエス様はそれらすべてを残念に思い、また憤りをお覚えながら献金箱の前に座られ、そこで考え深く観察されていました。
 すると、多くの金持ちが大金を献金箱に投げ入れていました。しかし、イエス様はそれらの動機が正しくないことを知っていました。彼らも、自分たちの見栄や形式だけで献金を捧げていたのです。
 そこに一人の貧しいやもめがレプタ銅貨2枚を捧げました。それは、今で言うと100円くらいの小さな捧げものでしたが、イエス様はその捧げものに目を留め、弟子達を呼び寄せて感動を分かちあうほど喜ばれました。それが、彼女の真剣に神様を思う心そのものだったからです。なぜ、やもめはレプタ銅貨2枚を捧げたのでしょうか。
それは、彼女の全財産であり、生活のすべてでした。わずかなお金でしたが、彼女の命をつなぐものであったはずです。しかし、ここで私たちは大切なものを学ぶのです。彼女の前に、選択肢が2つありました。「残されたお金を自分の為に使うか、神様の為に使うか…」
未信者なら、選択はなく、答えは一つです。迷うことなく自分の為に使うでしょう。しかし、彼女は神様を知っていました。苦しい生活の中、命がけで救いを求め祈っていた中、このような選択が迫って来たのです。「あなたは、それをわたしのために捧げることが出来るか・・・?」彼女は、全能なる神様を信じ、自分の為にではなく、神様にそれを捧げることを選択しました。それは、自分の力ではなく、神様だけにすがって生きていくという献身の証でした。やもめは自分の足で神殿に出向き、献金箱に感謝をもって捧げたのです。
 神様を知っているからこそ、迫られる選択があります。日曜の礼拝を取るか?学校や会社の行事をとるか?神の命令を守るか?自分の考えを優先するか?神様の栄光?自分の栄光?と様々です。
 しかし、私たちには正しい選択をするための基準が神様によって設けられています。それは、「神の国とその義をまず第一にしなさい。」ということばです。それによってどちら選ぶべきかがはっきりしてくるのです。その祝福はこうです。「それに加えてこれらのものはすべて与えられる。」(マタイ6:33)
 私たちには、慰めがあります。それは、レプタ銅貨2枚がやもめにとって全財産であったことをイエス様が知っておられたということです。神様は、私たちの問題も必要もすべてご存じです。その上で選択を迫られるのです。「わたしのために犠牲を払えるか?それとも?」
 イエス様は、やもめの姿を喜ばれました。彼女は必ず神様の報いを受けたと信仰の目をもって見ることが出来るのです。(列王Ⅰ17:8~16)私たちは弱い時こそ、聖霊様の満たしが必要です。そうすれば、聖霊様が正しく導びかれ、神様の祝福を獲得出来るのです!
(富高美和伝道師)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。