イエス様との出会い(ルカ19:1~10)

 この箇所は、イエス様がエリコという町に行かれた時の出来事が書かれてあります。
 そこにザアカイという名の人物がいました。彼の名前の意味は「義人、清い」という意味があり、親がそのような素晴らしい人物となるよう願いをもってつけられたのでしょう。しかし、彼はその名とほど遠い生活をしていました。取税人の頭で、人々から税を必要以上に取り立ては私服を肥やし、ローマの手先となり、皆に嫌われている存在でした。その当時、取税人と遊女は「罪人の代表」とされていたのです。
 ザアカイは、イエス様がエリコの町をお通りになった時、どんな方か見ようとしました。しかし背が低かったため、見ることが出来ませんでした。今までは、その「背が低い」というコンプレックスが、逆に地位と名誉を獲得する活力となっていました。彼は、普通の人異常に学問に力を入れ、知恵を用い、取税人の頭にまで上り詰めたのです。彼は金持ちになり、贅沢三昧の暮らしをしていましたが、彼の心を満たすことが出来ませんでした。
 そのような中で、イエス様の噂を聞いたのです。イエス様ならこのようなむなしい生活から救い出してくれるのではないかと期待に胸がふくらみました。しかし、背が低い彼を、前の列に譲ってくれる人もいません。地位は得ましたが、彼を愛するものは誰ひとりとしていなかったのです。
 ザアカイは、あきらめずに前方に走り出ていちじく桑の木に登りました。すると、イエス様がそこをちょうど通り過ぎようとしておられました。イエス様は上を見上げ、彼に言われました。「ザアカイ。急いで降りて来なさい。きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」ザアカイは、急いで降りてきて、そして大喜びでイエス様を迎えました。イエス様と出会った時、彼の心は変わりました。それまで、彼にとってお金が一番でした。お金で人を動かし、またお金で人を見下していました。しかし、彼の霊の目が開かれたとたん、お金に対する執着心がなくなったのです。彼はイエス様に「私の財産の半分を貧しい人たちに施します。まただれからでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します。」そのようなイエス様は彼に「きょう、救いがこの家に来ました。この人もアブラハムの子なのですから。人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」
 ザアカイは、イエス様によって本当の愛を知りました。そして、彼の名の通り、本当の義人、清い人と変えられたのです。
彼は、かつては貧しい人からお金を巻き上げるような非情な者でした。しかし、イエス様の出会った時、彼は貧しい人に対するあわれみの心が与えられたのです。自分のことだけを考える者ではなく、人のことを顧みる者となりました。
 イエス様は、はじめからザアカイのすべてをご存じでした。彼の必要を知り、救いに導かれたのです。私たちの信じる神様は、全知全能の神様です。ひとりでも多くの方がこの方と出会い、その人生が変えられるように、私たちはイエス様の福音を宣べ伝えていきましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。