礼拝メッセージ

2018/12/9 日曜日    信じて待つ

富高美和師 「ひとりのみどりごが私たちのために生まれる。ひとりの男の子が私たちに与えられる。主権はその肩にあり、その名は『不思議な助言者、力ある神、永遠の父、平和の君』と呼ばれる。~」(イザヤ書9:6

続きを見る

2018/12/2 日曜日    神の義とは ローマ人への手紙 1章16~17節

富高尚師 「義」という言葉は抽象的で分かりにくい言葉です。しかし、福音について私たちが知るためには、神の義を正しく知らなければなりません。なぜなら、福音には「神の義」が啓示されている(ローマ1:17)

続きを見る

2018/11/18 日曜日    世の罪を取り除く神の小羊 ヨハネの福音書1:29

富高尚師  福音の真理として知るべき最も大切なことは、当たり前ですが、「イエス・キリスト」について知ることです。福音の本質は、私たちの良い行いのことではありません。また、自分自身の熱心さや努力に関する

続きを見る

2018/11/11 日曜日    主に信頼して歩む人、ノア

富高美和師 「~主は、地上に人の悪が増大し、その心に図ることがみな、いつも悪に傾くのをご覧になった。~」(創世記6章)    ノアの時代、地上に住む人々は、完全にサタンの支配の中にいる状態でした。人々

続きを見る

2018/10/21 日曜日    無条件の愛 Ⅰヨハネ4章7~10節

富高尚師  福音は「良い知らせ」と言われますが、果たしてその中身は、どんな知らせのことなのでしょう。もちろん、イエス様が十字架で私たちの罪の身代わりとして死んでくださったこと、葬られたこと、三日目によ

続きを見る

2018/9/30 日曜日    「主に拠り頼め」

髙森博介師  戦後は食べる物も乏しく、甘いものと言えば人工甘味料の「ミツゲン」で砂糖などはとても貴重な時代でした。今は食べ物に恵まれている時代で、何でも食べることができます。しかし、何でも食べて良いと

続きを見る

2018/9/23 日曜日    「私をあわれんでください」

髙森博介師 テキスト:マタイの福音書15章21~28節  この箇所には一人のカナン人の女が登場します。カナンとは偶像礼拝の地でしたし、彼女は異邦人でした。しかし、この女は娘が悪霊に取り憑かれているので

続きを見る

2018/9/16 日曜日    神から生まれた者 ヨハネの手紙第一 5章1~5節

富高尚師  日本人の多くは、死んだら終わり、または前世があり来世があるといった輪廻の死生観をもっているのではないでしょうか。しかし、聖書は、永遠のいのちがあることをはっきりと教えています。  ヨハネは

続きを見る

2018/9/9 日曜日    オネシポロ

富高美和師 「プリスカとアクラによろしく。また、またオネシポロの家族によろしく。」(第二テモテ4:19)  オネシポロの名は、パウロが若き牧会者であるテモテ宛に二回目の手紙を書いた時にしか登場しません

続きを見る

2018/9/2 日曜日    「はからずも」は、神様の時 ルツ記2章3節

富高尚師  ルツ記は、モアブの地に移住したエリメレク一族の最悪の状況から始まります。ナオミは、夫と二人の息子を亡くし、ルツは夫を亡くすというどん底の状況です。しかし、ルツとボアズの出会いによって状況は

続きを見る

2018/8/26 日曜日    多くの赦された者が多く主を愛する

(ルカの福音書 7:36~50) 富高美和師  イエス様がパリサイ人シモンの家に招かれている時、一人の罪深い女性がやって来ました。37節には「その町にひとりの罪深い女がいて」とあります。恐らく遊女であ

続きを見る

2018/8/19 日曜日    召天者記念礼拝

高森博介長老牧師  私たちは、命の源である主イエス様に賛美を捧げます。先に召された方々、ついこの間まで元気に過ごされていたのに、今は天で主と共にいます。私たちがこの地上で過ごす時間は限られており、確実

続きを見る

2018/8/12 日曜日    「おどろくべき恵みはあなたにも」

三浦亮平師(十勝聖書フォーラム鹿追キリスト教会 牧師)  アメイジング・グレイスの作詞者であるジョン・ニュートン。放蕩の限りを尽くしていた彼は、船乗りだった22歳の時、激しい嵐に遭い、死の間際の絶望の

続きを見る

2018/8/5 日曜日    わたしのほかに神はいない

イザヤ書45章1~7 富高尚師  ここはイザヤがバビロン滅亡の様子を預言したものです。しかも、たった一日で難攻不落の二重城壁に囲まれた大帝国が亡ぶ様子をリアルに預言しています。それは同時にバビロン捕囚

続きを見る

2018/7/29 日曜日    「援助者なる聖霊の働き」

髙森博介師 「わたしは父にお願いします。そうすれば、父はもうひとりの助け主をあなたがたにお与えになります。その助け主がいつまでもあなたがたと、ともにおられるためにです。」ヨハネ 14:16  聖書には

続きを見る