礼拝メッセージ

2020/4/5 日曜日    「完全に 従うときに あらわれる神の栄光」

高森博介師  私は救われた当初、牧師になろうとは微塵も思っておりませんでした。口の人(語ることが上手)ではないので、商売をしてたくさん捧げ物をし、神様のために、教会に仕えていこうと思っていたのです。

続きを見る

2020/3/29 日曜日    勝利と希望 ヨハネの福音書 14章1~3節

富高尚師  イエス様を信じて救われた私たちは、たくさんの恵みと祝福をいただいています。罪が赦され、神様の前に聖い者とされ、いつもイエス様が共にいてくださり、聖霊様が私たちの内に住まわれ、いつでも神様と

続きを見る

2020/3/15 日曜日    神を愛する人たち

ローマ人への手紙8章28節 富高尚師  「神を愛する人たち」とは、「神のご計画に従って召された人たち」です。神様は、神を愛する人たちのためには、すべてのことを働かせて益としてくださいます。また、神を愛

続きを見る

2020/3/8 日曜日    ここに愛がある

高森基信師 テキスト:第一ヨハネ4章12節 「いまだかつて神を見たものはいません。」とあるように、イエス様に出会ったヨハネでも神様を見ることができていないと言っています。たしかに、神様は目に見える方で

続きを見る

2020/3/1 日曜日    「バプテスマ」

高森博介 テキスト:マタイの福音書28章19節  洗礼とは、キリストと共に死んで、新しい命をいただいて生きることで、「古きが死に新しきに生きる」ことです。古い自分が死ぬということが信仰のスタートです。

続きを見る

2020/2/9 日曜日    真の知識を得る エペソ人への手紙1章15~19節

高森基信 信仰と愛 パウロがまず初めにエペソの教会の話を聞いて心に感動を覚えたことは、教会の成長や人数の増加、経済的な祝福などではなく、教会の中で現わされている、「主イエスに対する信仰と、すべての聖徒

続きを見る

2020/2/2 日曜日    「神のみことばを大胆に語る」

永井信義師 テキスト:使徒4章23~31節 ① 祈る 当時のユダヤ人やユダヤ教の指導者たちは、イエス様の弟子たちを迫害しました。弟子たちは「みな心を一つにして」(4:24)神様に声を上げ祈

続きを見る

2020/1/26 日曜日    神のことばを心に刻む

富高美和師 「この律法の書を、あなたの口から離さず、昼も夜もそれをくちずさまなければならない。そのうちにしるされているすべてのことを守り行うためである。そうすれば、あなたのすることで繁栄し、また栄える

続きを見る

2020/1/19 日曜日    帰るべき場所

高森基信師  聖書の有名な話に「放蕩息子」があります。ある金持ちに二人の息子がいて、二番目の息子が若いうちに自分の人生を謳歌したいということで、父親が存命であるにもかかわらず、その財産をもらって旅立っ

続きを見る

2020/1/12 日曜日    恵みによって変えられる

高森基信 ◇幸せになる考え方  ある研究で幸せを感じている人はどんな人かを調べたところ、考え方に違いがあり、成長思考(人は変わる、成長する)の人が幸せを感じており、固定思考(生まれた時から変わらない)

続きを見る

2020/1/5 日曜日    御国の鍵

富高美和師 「わたしはあなたに天の御国の鍵を与えます。あなたが地上でつなぐことは天においてもつながれ、あなたが地上で解くことは天においても解かれます。」(マタイの福音書16:19)  イエス様は、教会

続きを見る

2019/12/29 日曜日    クリスマスの本当の意味

高森博介師  クリスマスの時期は、他の宗教を持っている人もクリスマスをお祝いするという不思議な光景を目にします。多くの人が、クリスマスは何のためにお祝いするのか分からずに、その雰囲気を楽しみ喜んでいる

続きを見る

2019/12/22 日曜日    喜びの賛美(ルカの福音書2:1~20)

富高美和師  イエス様は、預言者ミカが預言した通り、ユダヤのベツレヘムでお生まれになり(ミカ書5:2)、その預言の実現を知らせるために、み使いが羊飼い達に現れました。当時の羊飼いは、身分が低い者とみな

続きを見る

2019/12/15 日曜日    完全な捧げもの ヨハネの福音書 3章16節

富高尚師  レビ記には旧約時代にイスラエルの民が捧げるべき捧げものが記されています。それは、私たちが捧げものによって清められ、「聖」とされることによって神様に近づき、交わり、共に歩むことができるように

続きを見る

2019/12/8 日曜日    「本当に知るべきこと」

高森基信師 第一コリント人への手紙2章1~5節  アドベント(待望節)第一週です。クリスチャンはメシアであるイエス様がこの地上に来られたこと、キリストのご降誕をお祝いするためにクリスマスがありますが、

続きを見る

2019/12/1 日曜日    「いと近き助け主、聖霊様」

高森博介長老  今、街はクリスマスの雰囲気で賑わっています。しかし、大多数の人はクリスマスの意味も分からず、その雰囲気を楽しんでいるのです。日本人は「信仰」については良いことだと考えています。ですから

続きを見る